物置小屋

今すぐやめよう!服を畳まないで収納する時間節約術

日常生活の中で洗濯・干す・畳むって億劫な作業ですよね。

煩わしい畳むという作業を無くし自由な時間を獲得しましょう。

 

 

ハンガーを使おう!

Yシャツはハンガー干しの方も多いと思います。

洋服もハンガー干しをしましょう!!

そして乾いたらハンガーに掛けたまま収納しましょう!

これだけで洗濯物の1/3~半分は畳む必要がなくなります。

尚、さらにオススメしたいのはドラム式洗濯乾燥機の購入です。

干すという作業からも解放されます!!

費用はかかりますが、対価としてストレス解放と自由な時間が得られます。

ドラム式洗濯乾燥機で時間を節約しよう!先日ドラム式洗濯乾燥機を購入しました。 ぜひ皆様にも使っていただきたいのでメリット・デメリットのご紹介です。 メリット 干さな...

収納場所

ハンガーに掛けたまま収納すると場所に困りますよね。

ボクの場合はこんな場所を活用しちゃいました!!

押入れ+突っ張り棒

この組み合わせ最高です!ボクの押入れはこんな感じで使ってます。

突っ張り棒はダイソー:85~120cm(耐荷重5kg:200円)です。

服を掛けるとこんな感じです。

こちら冬服メインの押入れとして使ってます。

今シーズン用押入れはこちらです。

毎回洗濯後はハンガー+突っ張り棒に掛けておしまいです。

干さない・畳まないで時間節約!最高です。

ちなみに突っ張り棒なのですが、

ダイソー:120~190cm(耐荷重5kg:300円)を予定していたのですが近場4件回ってもありませんでした。

近場の島忠で割高の突っ張り棒で済ませました。(1,480円)

靴下や下着類

ボクは直置きで二つ折りで収納しています。

奥にあるのは冬用下ヒートテックインナーです。

今シーズンは用がないので畳んで置いてます。

こだわるならば、収納ケースやマットなど敷いてアレンジもカッコイイと思います。

ハンガーラック

押入れが使えない場合はハンガーラックはいかがでしょうか。

部屋干し+場所の確保はありますが干したら終わりなので手間いらずです!

ハンガー選びの注意点

上インナーをハンガーから外さず取る時に煩わしかった点がありました。

このように赤丸部分が引っかかるんですよね・・・

 

 

 

 

ハンガーから取らずに直接取る場合は

左図のような引っかかりがないハンガーを選ぶといいですよ。

 

 

 

まとめ:ハンガー+押入れ+突っ張り棒

ハンガーで時間節約!

服は畳まずハンガーに掛けて時間節約

押入れ+突っ張り棒で収納場所を確保

ハンガーは用途によって種類を使い分ける

洗濯物の干す+畳むに煩わしさを感じている方、ぜひともお試しください!!

有意義な時間を1分でも多く作りましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA